プロフィール

スタッフの紹介

担 当 資格等 その他
コースガイド
(弘瀬 賢一)
  • 公益社団法人日本山岳ガイド協会認定ガイド 登山ガイド ステージⅡ
  • 日本赤十字社認定 赤十字救急法救急員
ワンデルング代表
滋賀プロガイド協会所属
ガイドアシスタント
  • 日本赤十字社認定 赤十字救急法救急員
 

 

経歴について

コースガイド

幼少の頃より冒険心が強く、夏休みになると田舎の川(四万十川)で泳いだり魚をとったり、親に連れられていった磯釣りでは、釣りをそっちのけで崖を登ったりするなど自然に親しんでいた。

高校生になると大峰や京都北山、比良山系の谷で、アマゴやイワナの渓流釣りに夢中になり、滝を一つ越え二つ越えしていくうちに登る行為に興味を抱くようになる。

19歳の時、ドキュメンタリー映画「植村直己物語」を見て山の世界に魅せられ社会人山岳会に入会する。その後、鉄の集団「山学同志会」の小西政継氏に憧れ岩登りに熱中する。

20代はフリークライミングに傾倒し、関西では早くから5.12(グレード)のルートを登る。 30代よりアルパインクライミングにも力を入れ、北アルプスの剣岳や穂高岳の岩壁、後立山連峰や穂高連峰の積雪期バリエーションルートを登る。
海外はアメリカで、カリフォルニア州のジョシュアツリーやネバダ州のラスベガス、アリゾナ州のフェニックスなどでクライミングを行う。

現在は、夏はスピードハイク、冬はスノーシューハイキングとトレンドを意識した登山を行う一方で、自然を深く知ることに力を入れている。 また、トレッキングとは別にランニングイベント「ランde観光」も主催し、プライベートではトレイルランニングやウルトラマラソンなどの大会にも出場している。

 

ガイドアシスタント

幼少の頃からクラシックピアノを習うかたわら、スポーツは小・中・高と水泳部に所属する。

大学時代より、大学のワンダーフォーゲル部や社会人山岳会に所属し、登山を始める。学生時代は四季を問わず年間100日以上を山で過ごし、山を歩くだけでは飽き足らず、岩登りや沢登りも始める。

社会人になってからはフリークライミングをライフワークとし、積極的にクライミングコンペ(競技)にも出場、また、休暇を利用して毎年アメリカの岩場にも通い活動の場を広げる。

アルパインクライミングや雪山の日本アルプスにも出かけ、40代でたまたま始めたマラソンをきっかけに山を走るトレイルランニングを始め、スピードハイクやスノーシューハイキングなど多様な手段で山を楽しむようになった。

ランニングでは、歴史や文化を楽しみながら走る観光ランを好み、ランニングイベントも手掛けるようになる。

プライベートではコースガイド(弘瀬)と同じく、トレイルランニングやウルトラマラソンなどの大会にも出場している。

 

★主な山行記録


姉妹イベント「ランde観光」(ホームページ http://run-de-kankou.com/