装備表

基本的には関西周辺の標高2000mまでの山が対象です。標高2500m以上の高山の場合は、注意があれば備考に記載しています。※当該イベントにおけるケースが前提。

ウエア

  無積雪期 積雪期 備 考
長袖シャツ 夏期は半袖も可。
冬期の高山では厚手(ウール等の混紡)のもの
ズボン 冬期は厚手のもの
機能性タイツ    
ショートパンツ    
アンダーウェア上下 冬期はタイツも必要で、高山では厚手(ウール等の混紡)のもの
防寒着 コンパクトな軽量ダウンジャケットなど。
冬期の高山では厚手のものを
アウタージャケット   防水透湿性素材のもの。冬期の高山ではレインウェアの代用は不可
アウターパンツ   防水透湿性素材のもの。冬期の高山ではレインウェアの代用は不可
雨具(レインウェア上下) 積雪期の低山ではアウターとして代用可
ウインドブレーカー    
帽子 冬期はニット
手袋 冬期は厚手、予備も必要
オーバー手袋   冬期の高山では厚手のもの
目出帽    
ネックウォーマー  
靴下 冬期は厚手、予備も必要

○:必携 △:必要に応じて *:あれば便利

歩行・行動用具

  無積雪期 積雪期 備 考
登山靴 積雪期はアイゼン装着可能なもので、保温性の高いもの。冬期の高山では冬山用が必要
スパッツ  
ストック  
ピッケル   コースにより必要。冬期の高山では必須
アイゼン   6本歯以上のもの。冬期の高山では12本歯が必要
ワカン   コースにより必要
スノーシュー   コースにより必要
ザック  
サックカバー  
スタッフバック  
ビニール袋  
折りたたみ傘  
水筒  
テルモス(保温ポット) 冬期の高山では必須
ヘッドライト 予備電池含む
ナイフ  
コンパス  
地図  
サングラス  
ゴーグル    
時計  
高度計  
ホイッスル  
ティッシュペーパー  
タオル  
日焼け止め  
虫よけスプレー    
携帯トイレ 自然保護区域では必要

○:必携 △:必要に応じて *:あれば便利

緊急対策用具

  無積雪期 積雪期 備 考
レスキューシート  
ファーストエイドキット  
テーピングテープ  
常備薬  
非常食  
健康保険証  
メタ 非常時用固形燃料
ライター メタの着火に使います。

○:必携 △:必要に応じて *:あれば便利

キャンプ用具(テント山行の場合)

  無積雪期 積雪期 備 考
テント(一般的にはドーム型の自立式のもの) 基本はお客様で準備していただきます。なお、イベントにより数名は主催者のテントを利用することもできます。また、付属品としてペグ、張り綱が必要です。
ツエルト(非常時用簡易テント) 慣れた方はテントとした扱いもOKです。また、意図的に活用するイベントもございます。
テントとして使用する場合は通常、自立させるために専用のポールまたはストックを使い、ペグ、張り綱も必要です。
テントマット  
シュラフ  
シュラフカバー  
マット 一般的に全身用と半身用があり、半身用はその分軽量化できます。
ランタン 通常はヘッドライトをランタン代わりに使います。
コンロ(ガスボンベ式が主流)  
燃料(ガスボンベまたはガソリン)  
コンロ台 通常は地面が不安定ですのである方がいいです。
コッヘル 一人であれば食器も兼ねます。
食器  
コップ  
カトラリー スプーン・フォークのことです。必要であれば箸。
ロールペーパー キャンプ生活においては色々な拭き掃除に使います。
タオル  
洗面用具  

○:必携 △:必要に応じて *:あれば便利

登攀用具(沢登りの場合)

  無積雪期 積雪期 備 考
沢靴   水の中でも滑らない特殊な靴。
ソールがラバーとフェルトのタイプがあり、ラバーは岩に強く、フェルトは苔に強い。
沢用スパッツ   パンツの裾を足にフィットさせるもので、足元の水の抵抗を軽減してくれるスパッツ。
沢用ソックス   速乾性が良く水切れもいいソックス。最近は紙製のものが主流。
沢用グローブ   手の保護をする水切れのいいグローブ。
ヘルメット    
ハーネス   ロープで安全を確保するための安全ベルト。
安全環付きカラビナ   ロープとハーネスをつなぐ時や、セルフビレイを取る時に使用するカラビナ。
カラビナ    
スリング    

○:必携 △:必要に応じて *:あれば便利